コース概要

コース概要

コース詳細

Design & Media

「デザインとメディア」コース

このコースでは、人間の特性や科学技術の応用に興味・関心のある生徒を募集します。
Design & Mediaコースでは、最新の科学技術に基づいて、人間にとってより良い生活環境と情報空間をデザインする方法に関するテーマに取り組みます。具体的には、「テクノロジーに対する人間の適応能」、「色覚の多様性から色彩デザインを考える」、「音環境の評価とデザイン」、「情報メデイアとAI」について考えていきます。

教員紹介

  • 牛尼 剛聡
    大学院芸術工学研究院 コンテンツ・クリエーティブデザイン部門
  • 専門分野

    サイバー空間デザイン、ソーシャルコンピューティング

  • リサーチテーマ

    情報メディアとAI

  • リサーチテーマの概要

    AIの代表的な手法の一つである深層学習について基本的な原理を学習します。また、AIを利用して画像や文章を生成する手法を学習します。そして、Twitter等のソーシャルメディアのデータをAIを利用して処理を行うことで、人間の生活に役に立つコンテンツを生成する手法について研究します。

  • 到達目標

    国内学会発表、国際学会発表

  • 村木 里志
    大学院芸術工学研究院 デザイン人間科学部門
  • 専門分野

    福祉人間工学

  • リサーチテーマ

    テクノロジーに対する人間の適応能

  • リサーチテーマの概要

    このテーマでは、人間工学・生理人類学研究の入門として、人間(生理、形態、行動、心理等)の特性を学ぶとともに、これらが人工物や人工環境の設計(デザイン)になぜ必要かを理解する。その上で、これらの分野の研究手法を実験やデータ解析を通して体験する。
    最終的に、近年急激に発展している一つのテクノロジー(例えばウエアラブルデバイス、歩行アシスト機器)を対象とし、それを人間が利用する際の問題点を実験的手法により抽出し、その解決策を提案する。

  • 到達目標

    学会発表(国内、国際)、論文投稿(共著者として)

  • 須長 正治
    大学院芸術工学研究院 デザイン人間科学部門
  • 専門分野

    色彩・視覚科学

  • リサーチテーマ

    色覚の多様性から色彩デザインを考える

  • リサーチテーマの概要

    このテーマでは、色覚の多様性に対応するための色彩デザインにはどのような知見が必要なのか?を考え、その知見を得るための実験を立案します。

  • 到達目標

    国内学会発表、共著論文投稿

  • 山内 勝也
    大学院芸術工学研究院 コミュニケーションデザイン科学部門
  • 専門分野

    音響学

  • リサーチテーマ

    音環境の評価とデザイン

  • リサーチテーマの概要

    このテーマでは、身の回りの音環境について、その量的評価方法と質的評価方法を学び、ます。その実践とともに、よりよい音環境の実現のためのデザインを提案することを考えます。
    量的評価としては、サウンドレベルメータ(騒音計)による環境騒音評価法を学びます。質的評価のために、サウンドスケープの考え方、音環境デザインについて学びます。さらに、騒音としての観点とデザイン対象としての観点を総合して、音環境について討論しながら考え、それを評価・設計することを目指します。

  • 到達目標

    国内学会発表、国際学会発表