コース概要

コース概要

コース詳細

Bio & Life

「生物と生命」コース

このコースでは、生物と自然に興味・関心のある生徒を募集します。
QFCプライマリーでは、生体物質から、細胞、組織、個体、生物多様性と生物間相互作用に至る、ミクロからマクロまでの生命現象を対象に、基礎から最新の研究成果を、講義と簡単な体験を通して学びます。次いでQFCリサーチでは、現在進行中の最先端の研究に関連した研究を、配属研究室において生徒自ら実施します。

教員紹介

  • 松岡 健
    大学院農学研究院 生命機能科学部門
  • 専門分野

    分子細胞生物学・植物生化学

  • リサーチテーマ

    遺伝子組換えを用いて植物細胞の内部を見る

  • リサーチテーマの概要

    蛍光タンパク質と細胞内構造体や細胞膜に局在するタンパク質の融合体の発現コンストラクトを、アグロバクテリウム法を用いて植物細胞に導入した、遺伝子組換え細胞を作成します。融合体の発現を確認した後に、発現産物の細胞内局在と、細胞の増殖に依存した、または細胞にストレスを与えた後や薬剤で処理した後の細胞内局在変化を、共焦点レーザースキャン顕微鏡などを用いて観察・検討します。

  • 到達目標

    今まできちっと解析されていなかったタンパク質や、検討されていなかった処理条件で、細胞内の局在がどこであるか、またどう変化するか(または変化しないか)について、新しい観察結果を得ることを目標とします。 また、得られた結果を学会(学会の高校生発表コーナーなど)で発表することも目標として、研究を進めます。さらに可能であれば、研究論文に共著者として加わり、研究成果を世界に広く公開することも目指します。

  • 角田 佳充
    大学院農学研究院
  • 専門分野

    生化学、構造生物学、生物物理化学

  • リサーチテーマ

    酵素の立体構造解析を目指した結晶化

  • リサーチテーマの概要

    酵素は、常温常圧条件下ではほぼおこらない化学反応のスピードを、驚異的に加速することができる。この仕組みを解明するには、酵素の立体構造情報が必要となる。本テーマでは、酵素の立体構造を決定するのに必要な実験を行う。

  • 到達目標

    酵素の調製と結晶化の実験手法について理解する。 国内学会発表を目指します。

  • 廣渡 俊哉
    大学院農学研究院 資源生物科学部門
  • 専門分野

    昆虫分類学

  • リサーチテーマ

    昆虫の多様性を探求する

  • リサーチテーマの概要

    昆虫の種多様性、形態、系統と分類、学名、国際動物命名規約など、昆虫分類学の基本知識と技術を習得する。

  • 到達目標

    昆虫の新種を論文として発表する

  • 中尾 実樹
    農学研究院・生命機能科学部門
  • 専門分野

    比較免疫学・水族生化学

  • リサーチテーマ

    自然免疫における微生物認識分子の進化と多様性

  • リサーチテーマの概要

    免疫系にとって、自己と非自己、あるいは自己と微生物を識別することは、病原体を排除するために重要な機能である。体に先天的に備わった異物認識分子には、進化的によく保存されたものが多い一方で、極めて特異的な進化を遂げたものも見つかっており、その多様性を解明することは、微生物の認識機構を理解するために極めて重要である。このコースでは、原始的な脊椎動物である魚類をモデルとして用い、免疫系が微生物を検知する分子を探索し、その構造・機能・進化を考察することを目的とする。

  • 到達目標

    新しい微生物認識タンパク質を発見する。

  • 高橋 一郎
    大学院歯学研究院 歯学部門
  • 専門分野

    歯科矯正学

  • リサーチテーマ

    ”歯のかたち”から器官形成を考える

  • リサーチテーマの概要

    私達はもとは一つの細胞でした。その一つの細胞が母親の胎内で爆発的に増え、機能分化をすることで、私達は、”ヒト”のかたちを獲得しました。”ヒト”の形という外見だけでなく、体の中でも様々な器官がかたち造られ、それぞれが様々な働きをしています。中でも、歯、肺、腎臓、唾液腺および毛などは、体の表面を覆う上皮細胞と内在する間葉細胞が相互に作用することで器官形成が開始されます。このようなしくみを上皮―間葉相互作用と呼びます。このテーマでは、歯を実験モデルとした上皮―間葉相互作用による器官形成のメカニズム解析を通して、”かたち”がどのように形成されるかを学びます。

  • 到達目標

    細胞動態がどのように器官形成に影響するか考察し、理解する。 国内学会発表(高校生等の発表コーナーでの発表)を目指します。

  • Johan LAUWEREYNS (ヨハン ローレンス)
    基幹教育院自然科学実験系部門
  • 専門分野

    認知科学、生命倫理

  • リサーチテーマ

    cognitive and neural mechanisms of evaluative decision-making

  • リサーチテーマの概要

    このテーマでは、「主観的な評価」について研究します。古代から、「好き嫌い」は、理屈では説明のつかない単なる個人的な趣向と思われてきました。ラテン語には、「de gustibus non est disputandum(蓼食う虫も好き好き)」という諺があります。しかし、この諺は、真実ではないかもしれません。実際、主観的な選択は、たくさんの要素を組み合わせた複雑なシステムのアウトプットとして捉えることができるからです。つまり、主観的な評価については、どの要素が影響するのかをシステマティックに探求することができるということです。それは、「予測」から「慣れ」、「身体的な特徴」から「生まれつきの構造的な複雑性」まで探求できます。このように、このテーマでは、主観的な「好き嫌い」の隠されたロジックを解明していきます。

  • 到達目標

    学会発表(国際)、論文投稿

  • 沖野 望
    大学院農学研究院 生命機能科学部門
  • 専門分野

    生化学、微生物学

  • リサーチテーマ

    海洋微生物を利用した有用脂質の生産

  • リサーチテーマの概要

    このテーマでは、機能性脂質として知られているドコサヘキサエン酸(DHA)を生産する海洋微生物ラビリンチュラ類を用いて、微生物の取り扱い、有用生物活性物質の生産、遺伝子・タンパク質・脂質の解析、細胞の構造と機能に関して学習・実験する。

  • 到達目標

    今回の研究を通して、微生物を社会に役立てる技術や考え方を学習すると共に、得られた結果を取りまとめて考察し、発表する能力を習得する。

  • 古賀 信也
    大学院農学研究院 環境農学部門
  • 専門分野

    森林科学

  • リサーチテーマ

    樹木の生き様を考える

  • リサーチテーマの概要

    様々な樹木の幹の力学特性と水分通道特性を木部の組織構造と関連づけて考察し、樹木の生存戦略の一端の解明を目指します。

  • 到達目標

    国内学会発表(高校生発表コーナーでの発表)