Topics一覧

Topics一覧

全国受講生研究発表会に参加
お知らせ 2016/10/28 00:00

平成28年9月18日(日)・19日(月)に東京にて開催された全国受講生研究発表会(JST主催)にFC-SPアドバンストコース生の篠原健くん(福岡県立修猷館高校2年)、梶原悠矢くん(福岡県立福岡高校2年)、長藤瑛哉くん(山口県立高森高等学校2年)の3名が参加しました。

全国受講生研究発表会は、全国のグローバルサイエンスキャンパス(GCS)に参加する大学の受講生が日ごろの研究活動の成果を発表し、受講生相互が交流啓発しあう機会とするために行われるものです。受講生・大学関係者、OB・OGの方と2日間を通して交流を行い、良い刺激を受け更なる研究活動のモチベーションを高める機会となりました。

[主なスケジュール]

1日目(9/19)

  • 1 開会挨拶 15:00~15:05

  • 2 ポスター発表(審査対象)15:05~18:05

大会に参加した篠原くんは「ヤマトタマムシの不思議を探る」、梶原くんは「n型組成傾斜単結晶Ba8AuxSi46-xクラスレートを用いた新たな発電方法の検証」、長藤くんは「Ba8AuxSi46-xクラスレートによる均一温度環境下における発電方法の検証」と題し発表しました。

  • 3 ポスター発表(受講生同士の相互発表)18:45~20:00

受講生が相互に発表、質問、名刺交換などを行い、審査発表とは違う自由な雰囲気の中で交流を深める機会となりました。

2日目(9/20)

  • 4 アカデミックセミナー 9:20~11:50

6つのテーマに分かれ分科会が開催されました。プレゼンターによる講義を行い、グループに分かれて受講生、大学関係者、OB・OGとディスカッションを行いました。

  • 5 ランチミーティング 12:10~13:30

受講生同士が昼食をとりながら研究発表についての感想や自己紹介などを行い交流の輪を広げました。

  • 6 閉会式 13:40~14:40

ポスター発表:審査員に説明する梶原悠矢くん

ポスター発表:他大学から参加した受講生に説明する長藤瑛哉くん

ポスター発表:名刺交換する篠原健くん

アカデミックセミナー:グループディスカッションの様子