ご挨拶

ご挨拶

理事挨拶

九州・山口の科学者をめざす高校生 集まれ!

高校生のみなさん、こんにちは。
九州大学で高校と大学との連携などを担当している理事の山縣です。

九州大学は、平成26年度に始まった国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)の「グローバルサイエンスキャンパス」に選ばれ、九州・山口の科学分野に傑出した資質を秘めた高校生を受け入れ、本格的な研究体験を応援しています。これまでに200人を超える高校生が大学レベルの研究テーマに取り組み、羽ばたいていきました。
そして、平成30年度に、4年間の独自のプログラムと実績が認められ、2度目の採択を受けることができました。

高校生のみなさんの中には、高校の授業やスーパーサイエンスハイスクール(SSH)活動、科学部など学校のクラブ活動を通して科学に魅せられている方がたくさんいらっしゃるでしょう。そんなみなさんは、科学の重要性や役割、科学の疑問を解決するおもしろさや楽しさを十分感じていることと思います。そして、「大学での高度な研究を体験したり、大学の先生の指導を受けてみたい」、「研究の成果を論文や発表としてまとめ上げ、将来の科学者としての資質を磨きたい」など、高校での活動の枠を飛び出したいと思っている方もいることでしょう。

そんなご要望にお応えするのがこのプロジェクトです。高校生のみなさんが実際に大学に来て、大学の高度な科学研究を体験できます。九州大学では、九州各県と山口県の高校生を対象に、さまざまなテーマで、先生や大学生がみなさんの研究体験を応援します。

チャレンジしてみませんか? 世界に羽ばたき、未来を創成する科学者がみなさんの中から育つことを夢見ています。

sample image

実施担当者・コーディネータ挨拶

いま、私たちの世界は急速なスピードで変化を遂げながら、常にその姿を変えつつあります。社会の仕組みや枠組み、世界の人々のつながりや行き来も、また、私たちの生活スタイルや私たちの住む地球環境も、その変化と決して無縁ではありません。

その一方で、科学・技術の発展や私たちの活動そのものが、様々な解決すべき地球規模の課題も生み出しています。環境への課題、地球温暖化への課題、また、エネルギー供給への課題、将来的な食糧不足への課題など、相互に関連を持つ世界規模の課題の解決へ向けて、私たちは叡智を絞らなくてはならない時代になっています。

このためには、鋭い課題意識を持ち、その課題解決へ挑む姿勢を持つ優れた科学者であるだけではなく、同時に、人間や社会を理解し、豊かなコミュニケーション能力を身につけ、周囲と協働しながら、私たち人類の将来について考えることのできるような、新しいタイプの科学者-世界に羽ばたき、未来を創生する科学者-の育成が期待されます。QFC-SPは、"新しいタイプの科学者"を目指す意欲と志と熱意のある高校生に、その第一歩を踏み出す場を提供したいと考えています。この一歩を踏みしめ、大学では高い志を持つ学びのなかで、二歩、三歩、・・・と前へ進んで行くことを期待しています。

私たちは、QFC-SPに参加する皆さんがより大きな、力強い一歩を踏み出してくださるように、そのお手伝いをしたいと願っています。

副島 雄児

九州大学副理事(高大連携担当)

副島 雄児
専門物理学
上原 洋祐

QFC-SPコーディネータ

上原 洋祐
専門地理学、教職課程
今畑 孝行

QFC-SP外国語インストラクター

今畑 孝行
専門英語